Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

浜松市東区有玉南町 H様邸『飽きのこない美しさのある家』

login

施工事例

浜松市東区有玉南町 H様邸『飽きのこない美しさのある家』

フォーラムプランニング施行 アールプラスハウス事例


東側ファサード

東側ファサード

シンプルで無駄のないデザイン。
こってりやりすぎないデザインで10年後に見ても、美しいと感じられる外観。

南東側ファサード

南東側ファサード

機能美とも言える庇が見える南東面。2階窓を囲っている白い部分が、2階窓だけでなく、1階窓の日射も調整する庇として機能を持っている。その特徴ある庇が美しいデザインとしても活きている。

リビング キッチン側から

リビング

フロートなTV棚下部の間接照明が映える。好き抜けのスポット照明も好みで角度を調整できる。

キッチン タタミスペースから

畳スペース

畳スペースとウッドデッキのつながり。

リビング 階段側から

リビング奥にキッチン。大容量のキッチン背面収納は、電子レンジや炊飯器までも隠すことが可能。天井までのすっきりとした扉だから、まるで壁が動いて開くイメージ。
左手に隣接する畳スペースはフラットで、お子様がハイハイしだしても安心してキッチンで家事ができる。また、友人が泊まっていく際などには、ロールスクリーンで区切って使用することができる。

リビングとキッチン

リビングとキッチン

特徴ある個性的な無垢突板の壁。 床材のアカシアとも合う壁で、床→壁→吹き抜けの連続したつながりが印象的な空間を演出。 1階のほとんどの場所から見える壁にアクセントをつけてこの家のシンボリックになっている。

 
建築家の工夫、デザインがつまったL.D.K

建築家の工夫、デザインがつまったL.D.K

工夫がつまったLDK。
日当たりが難しそうな敷地で、1階LDKを明るくする吹き抜けとアイアン手摺。
視線を通す鉄骨階段。
近隣の視線を抑える窓配置。
床材と壁の目地方向。
家の角から角へ通る視線構成。
任意で区切れる畳スペースetc…。 建築家の工夫、デザインがつまった写真です。


テーブル側から

中央の特徴ある壁が、遮りたい視線を遮り通したい視線を通すから空間がより広く、一体感のある雰囲気を演出している。鉄骨階段による、視線・光効果は、デザイン的にも大きくなっている。


2階から

閉じた外観からはイメージできないような室内の明るさを、吹き抜けやアイアン手摺を活用することで実現。
UA値 0.44w/m2k、C値 0.47cm2/m2という高性能な高気密、高断熱構造により、寒く感じることはまったくなく、むしろ吹き抜けがあることでより快適な環境となっている。
他にもコミュニケーションが取りやすいなど多くのメリットが生まれる。

2階への階段

玄関ホール

・TV下の間接照明
・無垢突板の壁
・無垢床
・鉄骨階段
玄関に入ると印象的なものが集うホールで来客をおもてなし。印象深い玄関ホール。

階段 2階

2階

アイアン手摺にすることで、2階から取り入れた光を最大限有効に活用。シンボリックな壁を映えさせるデザインとしても美しいアイアン手摺。

2階 階段2

壁を天井まで伸ばさず、置くことで、視界を通してより広い空間としている。吹き抜けで縦のつながりを壁を工夫して横のつながりも生んでいる。

子供室

子供室

子供室は最初はつなげて、兄弟姉妹で一緒に遊べるように。将来は、必要に応じて区切ることが可能。

南西ファサードとウッドデッキ

南西ファサード

敷地西側にスペースを残して道路からは見えないBBQスペースを確保。

玄関
玄関

直接、玄関ドアが見えないようになっており、西風の強いこの敷地環境に十分配慮されたデザインとなっている。

玄関ドア
玄関ドア

シンプルで高機能な玄関ドアと無垢のレッドシダーが映える玄関ポーチ。

玄関スペース
玄関スペース

仕切のないオープンなスペースの玄関と広い土間。UA値0.44w/m2kという高断熱により、どれだけ大きな空間でも寒さのない快適でオープンな空間が実現できている。

玄関スペースからリビングへ
玄関ドアからリビングへ

玄関ホールから室内へは2ヶ所から出入りが可能。多くの友人が集まった際にも、玄関で渋滞することなく出入りしてもらえる。
また、窓の配置も外からの視線を抑えて日当たりは採り入れる配置となっている。