Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

浜松市北区 K様邸『広い縁側と畳のあるリビングの家』

login

施工事例

浜松市北区 K様邸『広い縁側と畳のあるリビングの家』

フォーラムプランニング施行 アールプラスハウス事例

リビング

オープンタイプの和室とL.D.Kが一体となった開放的な空間のリビング。無垢の床材と和室天井に使用したナラがとても印象的となっています。
構造として必要な柱は、1本ではなく数本にして並べることで、やわらかい光と視界を曖昧にする効果がでています。
和室はロールスクリーンで区切ることができるようになっています。オープンな時には視界に入らないように、くぼみの中に収まるようになっています。

南側の大開口で外への広がりを、外の天井(軒天)も無垢で仕上げ、和室との繋がりを生んでいます。
日当たりの良い縁側と和室の畳からこれから始まる、新しい生活への期待でワクワクしてきます。

和室の収納を上に上げてその下に間接照明を設けて、やわらかな雰囲気を演出しています。
収納の扉しか見えないキレイな納まりで、収納もちゃんとできる「美しい収納」になっています。

キッチン

サンワカンパニーのキッチンを採用しました。大手メーカーにないシンプルでキレイなラインが特徴的なデザインです。
また、キッチン横のタイル壁もシンプルな”白”でありながら、上品な印象を持たせています。

キッチン後ろ

キッチン床部分のみタイルを採用しました。
他の邪魔をしないホワイトで、シンプルな上品さをくずさないようにしました。

 

キッチンでは、回遊性をもたせた動線で、和室側からでもキッチン側からでも出入りができるようになっています。

シューズクローク

鏡のあるシューズクローク。
奥行きの少ないスペースでもコートなどが掛けられる工夫が施されています。

1階 洗面

お施主様にご用意いただいたお気に入りの丸い鏡を設置。
シンプルな洗面スペースにちょうど合いますね。

お手洗い

トイレ一面をアクセントで印象的に

書斎

シンプルですが、落ち着いた環境の書斎スペース。
座った時にちょうど窓から外を眺めることができます。

子供室が必要な時期は、何年後?何年使って、いつまで使うか、しっかり考えると意外と短い期間であることも多いです。
子供室として使わない期間が長い場合、その期間をどう使うか考えることも良いですね。

2階 オープンな子供室


室内物干しスペース

共働きの家庭には嬉しいスペース。天候に、左右されないで干すことができます。
これが可能なのは、アールプラスハウスの住宅は、高気密・高断熱の性能が高いからです。
性能が悪いと、乾きが悪かったり、ニオイがついたりします。性能を高めるとプランの幅も広がります。


室内物干しのスペースの空気がよく循環するように、一部の床をスノコ状にし、一階と空気環境を繋げて、相乗効果を狙っています。