Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アールプラスハウス デザインギャラリー 「今の暮らしを楽しみながら、将来をも見据えた家」

login

施工事例

アールプラスハウス デザインギャラリー 「今の暮らしを楽しみながら、将来をも見据えた家」

人生の「今」を楽しむための住まい 注文住宅のR+house(アールプラスハウス)

ポコンと突き出したポーチが、外観のアクセントになっています。
アプローチには枕木を埋め込み、ポーチ脇には、ちょっとした植物を育てるかわいらしい花壇があります。2面が道路なので防犯上の理由から窓は小さく高い位置に設けました。
建築家への要望は、南に迫る隣家の視線を遮りながら外とつながること、子ども室を用意せず、代わりにファミリーライブラリーをつくることのみをお願いしました。
2階のL字型のLDK。右奥がオープンタイプのキッチン。一角にはテラスがあります。
コンパクトなオープンタイプのキッチンは、家事をしながらもテラスもリビングにも目が届きます。カウンターを対面に高めに設置し、ご主人と二人だけの落ち着いた会話ができるスペースにしました。
キッチンの奥には家事コーナーやパントリー、洗濯機置場などが隠れています。階段の脇に設置された大型の収納スペースが、小さなお子さんがいる家庭には喜ばれています。
隣家の視線を遮りながら南からの光をリビングに取り込む工夫を行いました。
隣接する民家があるので大きな開口部を取らず、ハイサイドやスリット窓で通風と採光を行っています。
壁の1面には調湿、消臭効果のあるエコカラットを採用しました。
1階の広い玄関を入ってすぐの場所は、12畳ほどもあるファミリーライブラリー。
どんな使い方にも対応できそうなファミリーライブラリー。床には落ち着いた色調のオーク材を使用。
高気密、高断熱の家だから、冬はエアコンの暖気を床下に流し込み蓄積させ部屋の隅の通気口から循環させる仕組みになっています。
お嬢様は成長すれば家をでるからと、寝室はひとつだけ
まだ子どもが小さいうちは寝室がひとつあればいいと、割りきってひとつだけの寝室にされました。
将来、子どもが個室を欲しがる時期になったら、夫婦の寝室を隣のファミリーライブラリーの一部を仕切って使う予定もお持ちだそうです。