年中快適な「超長期優良住宅」をご提案いたします

          

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

家づくりのこと、資金の考え方、土地のご相談など「お家の相談がしたいのですが…」とお気軽にお問い合わせください!

  • お問い合わせ

  • モデルハウス来場予約

  • イベント情報

高気密・高断熱・高耐震対策

本当にイイ家なら快適さにもこだわろう!

一年中、快適で気持ちのイイ暮らしをするための高気密・高断熱・高耐震対策

株式会社フォーラムプランニング

  • #01 夏涼しくて、冬暖かい
  • #02 家計に優しい秘密
  • #03 安心の耐震性

夏涼しくて、冬暖かい 長期優良住宅の基準を優に超える「快適さ」

夏涼しくて、冬暖かい イメージ写真

温暖な気候と言われる静岡とは言え、湿気、夏の暑さ、乾燥や寒さ対策は必要不可欠です。私たちフォーラムプランニングが提案する「本当にイイ家」は、過ごしやすい湿度と室温を年中保つ高気密・高断熱の高性能住宅。

朝晩はもちろん、年間を通して室温・湿度に大きな変動が出にくい構造・素材・設備を整える為、無駄な冷暖房機器を使わず「省エネ」で「快適」な暮らしをすることができます。

POINT 小さくなるほど優れています。
  UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅基準 0.87
フォーラムプランニング 0.49以下
※サンプルとなる建築物での実測値
POINT 小さくなるほど優れています。
  C値
フォーラムプランニング 0.5以下
※サンプルとなる建築物での実測値

C値とは、相当すき間面積を表す数字のことで、その数字が低いほど気密性が優れていることを表しています。 平成15年以降、日本では基準が無くなりましたが、フォーラムプランニングはC値を全棟検査。しっかりと気密性を確保した家づくりを行っています。

高気密・高断熱のヒミツ
  • R+パネル イメージ写真

    R+パネル

    断熱性能の高い「硬質ウレタンフォーム」と「OSB合板」を組合わせてパネル状にしたものです。硬質ウレタンフォームは、同じ厚みのグラスウールを大幅に上回る秀でた断熱性能を持ち、OSB合板は、強度・断熱性・気密性・防虫性に優れています。この2つを組み合わせた独自の「R+パネル」で、大切な構造躯体を守ります。

  • 24時間換気システム イメージ写真

    24時間換気システム

    快適に過ごすことが出来る高い気密性を確保するとともに、計画的な換気を行い、家中の湿度を一定に保ちます。湿気や乾燥を感じさせない、快適な住まいを実現します。

  • 断熱サッシ イメージ写真

    断熱サッシ

    一般的なウレタンと比べ柔軟性や形状安定性に優れた高性能の断熱サッシを採用。
    熱が逃げやすく、入りやすい場所だからこそ高性能なサッシで、湿度と温度を快適に保ちます。

内部結露を防いで、高耐久性を実現します。

- 一生快適に暮らせる住宅を -

一生快適に暮らせる住宅 イメージ写真

私たちが提供している「木造建築」は木を腐らさなければ長持ちします。
逆に、木材の耐久性を落とすのは日本の暮らしから切り離せない”結露”です。
結露によって木材が水を含み、腐食してしまうため、私たちは目で確認できる室内と、普段見ることのできない壁の中の両方で結露対策を徹底します。

その対策のためにも、優れた「断熱」「気密」「換気」の3つの要素を実現することが、イイ家づくりにおいて必要なのです。

他にもまだある! フォーラムプランニングの“イイ家”ポイント 他にもまだある! フォーラムプランニングの“イイ家”ポイント

高気密・高断熱だけじゃない! 長期優良住宅の省エネ基準をはるかに超える「住まい」

本当にイイ家 イメージ写真

税金の面で多くの優遇制度がある長期優良住宅。
アールプラスハウス(R+house)を採用するフォーラムプランニングの住宅はその基準を大幅に超える超長期優良住宅です!

アールプラスハウス(R+house)の
製法基準は最良住宅の基準をクリア!
省エネ基準をはるかに超える性能図
長期優良住宅に優待制度があるのはなぜ?

住宅を長期に使用することで解体等で廃棄物の排出を抑制し環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。

優れた性能だから、燃費もいい!

フォーラムプランニングの住宅の光熱費は、 一般住宅と比べ冷房費が30年間で288万円もお得になる!

家づくりでは共働きで子育てをされる
ご家族が多いからこそ、建ててからのランニングコストも
きちんと考えたいですよね。
住宅費用 イメージ写真

住宅費用とは、「住宅購入費用、月々のローン支払い額」だけではありません。冷房、暖房の光熱費などのランニングコストが毎月かかってきます。このランニング費用は出来るだけ抑えて将来の貯金にしたり、養育費にしたり、たまの贅沢の為に残せたら嬉しくないですか?

車によって燃費が違うように、住まいのランニングコストは「家づくり」の時に性能・素材にこだわることで抑える事が出来るのです。

  • 冷暖房のコストシミュレーション 図
  • R+houseと一般住宅の光熱費比較 図

他にもまだある! フォーラムプランニングの“イイ家”ポイント 他にもまだある! フォーラムプランニングの“イイ家”ポイント

地震に強い家だから、いざという時も安心!

耐震性を必ずチェック イメージ写真
構造専門の設計士が、
あなたの住まいの耐震性を必ずチェックいたします。

憧れのマイホーム。美しく、快適な住宅をつくっても家族を守れる安全な家でなければ意味がありません。
住まいはいつ起こるか分からない災害から家族を守ってくれる大切な場所であり、ここ日本は地震大国ですので、高い「耐震性」が必要不可欠です。

POINT 耐震住宅をつくる「耐震性」のチェック POINT 耐震住宅をつくる「耐震性」のチェック
  • 建物への荷重 イメージイラスト
    建物への荷重

    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

  • 風圧力 イメージイラスト
    風圧力

    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

  • 地震力 イメージイラスト
    地震力

    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

  • 接合部の確認 イメージイラスト
    接合部の確認

    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

  • 基礎の設計 イメージイラスト
    基礎の設計

    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

  • 偏心率 イメージイラスト
    偏心率

    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

耐震等級は最高等級 3を標準で取得

水平力 比較図

現在、地震に対する工法は大きく分けて3 つあります。揺れを伝えにくくする” 免震工法” と、揺れを吸収する” 震工法”、そして、地震に負けない強い壁を取り入れた”耐震工法” です。
R+house では、コストを抑えて高い効果が得られる、建物全体を木造モノコックという面で支えた” 耐震工法” をとっています。

その理由は、建物の条件に対して制約がある免震工法や制震工法と違い、構造自体が強く耐久性もあり、しかも、コストを抑えて高い効果が得られるからです。

面全体で力を支えるパネル工法

 イメージ写真

フォーラムプランニングは、オリジナルのR+パネルで面全体を支える「パネル工法」です。面全体で力を支えるので力が分散し、強い横からの力に耐えることができるのです。

地震の横揺れにも強く、
液状化にも強い地盤改良工法を標準採用

地震せん断力での既存工法 イメージイラスト

大地震では、図のように地層も境目に沿って「せん断力」がかかります。従来の鋼管やセメントの柱で家を支える方法は、この「せん断力」には弱いと言われています。フォーラムプランニングが標準採用している「HySPEED工法」は、地盤に孔(あな)を堀り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法です。

砕石孔はせん断に対して追随するので孔自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果がありす。十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。
また、強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものですが、HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。

砕石パイルでせん断力に対抗する イメージイラスト

一年中、快適で気持ちのイイ暮らし。
さらにずっと家族を守るイイ住まい。

だから私たちの提供する家は、 「最高の住まい、最幸の人生」
を実現できるのです。

  • 大事な資金計画を プランニング
  • 土地探し全力サポート
  • 高気密・高断熱・高耐震対策
  • 安心のアフターサポート

Contact

家づくりのこと、資金の考え方、土地のご相談など「お家の相談がしたいのですが…」とお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

モデルハウス来場予約

イベント情報

Contact

お問い合わせ

モデルハウス来場予約

イベント情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社 フォーラムプランニング. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . .ABABAI.