Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

地震に強い家

login

 建築家とつくる注文住宅

 

地震に強い家

R+houseは全て構造専門の設計士が耐震性をチェック 全てのR+houseは、アトリエ建築家とは別に構造専門の設計士が耐震性をチェックしています。

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

耐震等級は最高等級 3を標準で取得

現在、地震に対する工法は大きく分けて3 つあります。揺れを伝えにくくする” 免震工法” と、揺れを吸収する” 震工法”、そして、地震に負けない強い壁を取り入れた”耐震工法” です。
R+house では、コストを抑えて高い効果が得られる、建物全体を木造モノコックという面で支えた” 耐震工法” をとっています。
その理由は、建物の条件に対して制約がある免震工法や制震工法と違い、構造自体が強く耐久性もあり、しかも、コストを抑えて高い効果が得られるからです。

耐震等級は最高等級 3を標準で取得 -img-

面全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで面全体を支える「パネル工法」です。
面全体で力を支えるので力が分散し、強い横からの力に耐えることができるのです。

面全体で力を支えるパネル工法 -img-

地震の横揺れにも強く、液状化にも強い地盤改良工法を標準採用

大地震では、図のように地層も境目に沿って「せん断力」がかかります。従来の鋼管やセメントの柱で家を支える方法は、この「せん断力」には弱いと言われています。R+houseが全店標準採用している「HySPEED工法」は、地盤に孔(あな)を堀り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法です。砕石孔はせん断に対して追随するので孔自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果がありす。十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。

地震の横揺れにも強く、液状化にも強い地盤改良工法を標準採用 -img-

また、強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものですが、HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。