Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

優れた機能性

login

 建築家とつくる注文住宅

 

ゼロ・エネルギー・ハウス相当に標準対応した、優れた機能性

高気密・高断熱「ゼロ・エネルギー・ハウス」を
上回る温熱環境を実現

アールプラスハウス(R+house)は何より性能にこだわった注文住宅です。ゼロ・エネルギー・ハウス相当より優れた性能を実現した高気密高断熱住宅。
寒い冬の朝でもすっきりと起きることができる暖かいお部屋っていいですよね?
30年で建てかえる注文住宅ならいらない、これまで木造建築の寿命は約30年と言われてきました。その理由は、木が結露などにより腐食するものだからです。アールプラスハウス(R+house)は、長く快適に住み続けて頂くために、結露を出さない工夫・強い木造住宅構造を取り入れるなど、エネルギーを抑えるための工夫を随所に施している注文住宅です。

高気密・高断熱「ゼロ・エネルギー・ハウス」を上回る温熱環境を実現 -img-

夏涼しく冬暖かい、高気密・高断熱にこだわった家

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことで、その性能はC値という指標で表されます。C値は床面積1㎡当たりの隙間面積(cm2)で示され、ゼロに近いほど隙間の少ない高気密な家と言えます。これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、高気密にこだわるR+houseの標準は0.5(㎠/㎡)です。

断熱性高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことで、その性能はQ値またはUA値という指標で表されます。Q値・UA値は断熱性能を表す指標で、小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域=東北の一部〜九州の一部では、表の通りです。高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

夏涼しく冬暖かい、高気密・高断熱にこだわった家 -img- 夏涼しく冬暖かい、高気密・高断熱にこだわった家 -img-

内部結露を防いで、高耐久性を実現

木造建築は木を腐らせなければ長持ちします。代表的な例が法隆寺でしょう。木は耐久性に非常に優れた建築材料なのです。きちんと設計・施工・メンテナンスを行い上手に木造住宅と付き合うことが大切です。

木材の耐久性を落とすのは”結露”

木は「木材腐朽菌」によって腐ります。「木材腐朽菌」は結露によって木材が含む水分が増えることで発生します。結露対策は目で確認できる室内と、普段見ることのできない壁の中の両方に対策が必要なのです。このためには、「断熱」「気密」「換気」の3つの要素が重要なのです。

内部結露を防いで、高耐久性を実現 -img-
R+house の高気密・高断熱は建物を腐らせない

アールプラスハウス(R+house)の高気密・高断熱は人工的な室内換気(計画換気)と、水分を通しにくい断熱材(発泡ポリウレタン)の使用によって高性能であり、且つ傷みにくい建物となります。

他にも長期優良住宅の省エネ基準をはるかに超えるアールプラスハウス(R+house)

税金の面で多くの優遇制度がある長期優良住宅。
アールプラスハウス(R+house)の住宅はその基準を大幅に超える超長期優良住宅です!

アールプラスハウス(R+house)の製法基準は最良住宅の基準をクリア!
性能項目 認定の基準(概要) 住宅性能表示の
使用有無
R+house
劣化対策 数世代に渡り長く住むことが
可能な家であること
劣化対策等級3 標準で対応
耐震性 地震に強い家であること 等級2以上
維持管理・更新の容易性 メンテナンスが容易であること 等級3
省エネルギー性 省エネに配慮した家であること 等級4
(次世代省エネ基準)
居住環境 良好な景観の形成その他の地域に
おける居住環境の維持及び向上に
配慮されたものであること。
住戸面積 良好な居住水準を確保するために
必要な基準規模を有すること。
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、
定期的な点検・補修等に関する計画
が策定されていること
長期優良住宅に
優待制度があるのは
なぜ?

住宅を長期に使用することで解体等で廃棄物の排出を抑制し環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。

優れた性能だから燃費もいい!

住宅にも燃費のいい家と悪い家があること、ご存知ですか?

アールプラスハウス(R+house)の住宅の光熱費は、一般住宅と比べ冷房費が30年間で288万円もお得!
家を建てる時の費用も大切ですが、建ててからのランニングコストもきちんと考えたいですよね。

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。それは「冷暖房エネルギーなどのランニングコスト」です!
住宅費用とは、「住宅購入費用、月々のローン支払い額」だけではありません。
冷房、暖房の光熱費などのランニングコストが毎月かかってきます。このランニング費用は出来るだけ抑えたい!
車によって燃費が違うように、住まいのランニング費用は、家づくりと深い関係があるのです。
アールプラスハウス(R+house)では燃費のいい家ができます!

冷暖房のコストシミュレーション
  R+hosueの家 一般住宅 一般住宅との比較
暖房費:灯油(円/年) ¥61,100 ¥144,600 年間96,100円もお得!
暖房費:電気(円/年) ¥15,800 ¥28,400
合 計(円/年) ¥76,900 ¥173,000

※大手建材メーカー調べ

アールプラスハウス(R+house)と一般住宅の光熱費比較

当社は『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)ビルダー』登録工務店です

更に健康にもいい!