Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

安心の保証とメンテナンス

login

 建築家とつくる注文住宅

 

安心の保証とメンテナンス

安心の保証

地元の中小工務店や住宅会社に家づくりをお願いする時に不安になるのが、保証とメンテナンスについてだと思います。 そこで、保証とメンテナンスについてお話をしたいと思います。
少し難しい話ですが、大切なことなので、知っておいてください。
平成19年に、第166回通常国会において、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)(住宅瑕疵担保履行法)」が成立・公布されました。
これは、どんな法律かというと、新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うということです。
この法律が制定された理由として、残念なことですが、構造計算書を偽装した建築家がいたからです。その結果、売主等が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態におかれることが明らかになりました。私には信じられませんが、ヒドイ話です。このため、国が重い腰を上げ、住宅購入者等の利益の保護を図るために制定されたというわけです。
では、実際にどのような保証なのかをお話しましょう。

10年間の瑕疵担保責任について

第三者機関 まもりすまい
概要 新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。
平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。
尚、アールプラスハウス浜松東 (株)フォーラム・プランニングは上記第三者機関のまもりすまい保険に加入し、検査も受けて建築を行なっておりますので、ご安心ください。

次に、それ以外の保証についてです。

30年間の長期地盤保証について

第三者機関 一般社団法人 住宅不動産資産価値保全保証協会
オーガニック地盤保証「BIOS」
概要 アールプラスハウス浜松東 (株)フォーラム・プランニングでは上記第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。万一、地盤の不同沈下による建物の損害が発生した場合、お引渡し日より30年間、最高5000万円が保証されます。
また、地盤改良が必要な場合でも、土壌汚染リスクの極力少ない工法を採用することで、大切な不動産の資産価値を高める取り組みを行っています。